| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |

<< Waitress + main + Borat >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | comments 0 | - |

No Country For Old Men



No Country For Old Men (邦題 ノーカントリー)

出演  トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド

:::story:::
狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シュガー(ハビエル・バルデム)に追われることになる。事態を察知した保安官ベル(トミー・リー・ジョーンズ)は、2人の行方を追い始めるが……。


今年のアカデミー賞はこの作品に持ってかれた〜と言っても過言じゃないですよね:)
さっそく私も鑑賞X)
のっけから無差別に殺しまくるおかっぱ頭のシュガー。
彼のせまってくる感じ、容赦のない殺しよう(しかも殺しの道具が牛とか家畜を殺す?ためのかなり銃口がでっかい空気銃)なので、序盤からかなりどきどきしました・・。

主人公のあきらめのなさに何でこの人はこんなにお金あきらめないんだろう・・って私はかなり不思議でした。
だって生きてなきゃ使えないんだから、殺されるかもしれないのにあんなに必死に逃亡しなくても・・って感じじゃない?
ってか最初の大量の死体を見たところから絶対私ならお金持って帰らない気が…。
そんな主人公も情には厚かったのか、死にかけの人を気にかけて(死にそうなときに水くれーって主人公に訴える)また犯行現場に戻っちゃうのもどうかなぁ・・。
うーん。
それが人間って感じ?

最後もすっきりはしない感じだなぁ。
見たらわかると思うけど、人生って理不尽ってことを表してるのかな?
シュガーは理不尽じゃないように・・ってある条件を出すんだけど、でもその条件というか賭けもまた人生の二面性って感じ。
あんまり調子にのってると、しっぺ返しもあるんだよって最後のはコーエン兄弟のメッセージかな?

私はこの映画は人生を表してるのかなって思いました:)
とにかく終盤ぐらいまでずっとドキドキしっぱなしなので飽きない映画ですよ!

評価 ★★★☆☆

| Movie | 13:46 | comments 0 | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 13:46 | comments 0 | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://push-daisies.jugem.jp/trackback/52

Trackback